SSブログ
政治・経済・社会 ブログトップ
前の10件 | -

 今日、国葬反対の花巻市民集会   2022年9月24日(土) [政治・経済・社会]

 昨日、お客さまで花巻の共産党市議会議員の照井メイ子さんが、「明日国葬反対の集会をやるから、急だけど1日だけ貼ってくれる?」と、ポスターを持ってきました。


   IMG_8544[1].jpg

 
 緊急ですが、夕べは書けなくて"(-""-)"、ギリギリでもお知らせをします。



 本日午後2時半より、花巻駅前のなはんプラザ広場で市民集会があります。

 共産党を支持していない人も、どなたでも国葬反対の方は行ってみてください。

 
 私が国葬反対の理由は、8月9日のブログに参考情報を紹介しています。


 世論が半数以上反対なのに、国民の声を全く無視して強行するのは酷い政治です。

 自民党の二階さんという国会議員が、「国葬やらない国民はバカ」「黙って見送れ」の発言に、いかに国民をバカにしているか、「戦場に黙って行け」と同じことで、77年前の戦前を思わせる独裁政治で怖いなと。

 実際、ロシアでは、ついに一般国民の若者を選んで召集令状?を送っています。


 警備費含めて16億円では、絶対収まらないでしょう。税金を払えず、生活に苦しんでいる国民がごまんといるのに、こんなに莫大な税金を使う、しかも、それに値する人ではないし、おかしい。


 今から中止できないのであれば、やりたい自民党議員がお金を出して、自民党葬にすればいいのでは?統一教会からもバカバカ献金してもらって。



 
nice!(0)  コメント(0) 

 戦争を考える、勉強会    2022年9月14日(水) [政治・経済・社会]

 昨日は、暮らしと政治の勉強会vol.5で「戦後77年、戦争を考える」会でした。

 参加者は私を含め4名に講師と少人数で残念でしたが、とてもいい会になりました。


 今回の講師の増子さんは、はじめ元気がなさそうで、大丈夫かなと心配でした。
 増子さんのブログに書いているように、市議選の選挙公報が届かなかった市民の陳情に対する市議の対応が酷いと、増子さんが期待するイーハトーブ花巻の未来を案じて落ち込んでいました。


 それでも、硫黄島の戦争秘話資料を準備してくれて、お話を進めるうちに、沖縄のこと、花岡事件のこと、戦争から生還した人への差別など、横浜から来られた土屋春代さんもとても詳しく、意見交換していくうちにどんどん元気を取り戻していきました。


 午後6時から8時までの2時間があっという間に過ぎて、一旦閉めてから、宴会タイムに入り、飲みながら食べながらの会に(*^。^*)。


 そこで、野田村のワイナリーを提案、奔走した土屋さんの、岩手人の「石橋を何回も叩いてやっと渡る気質」のエピソードから、なぜ?と歴史をさかのぼって調べると、縄文や蝦夷(えみし)の時代、アテルイなどがつながりにつながっていくと。


 たくさんの資料や文献を読んで調べて、歴史を学ぶと面白いよと語る土屋さんに、そうなのかーと関心が湧き、増子さんとも話が合って、とてもためになり、楽しく充実した第2部勉強会でした。


 いつもうちの政治勉強会は集客が難しいと嘆くと、「あの少ない人数だから、意見が自由に言えて、とても濃い内容の会になったのよ」という土屋さんの励ましの言葉に慰められて、細々でもあきらめずに続けていきたいなと思った次第です。


 増子さんが帰る時には、いつものようにとても元気になり、よかった、よかった。



nice!(0)  コメント(0) 

 花巻駅の橋上化と図書館問題   2022年9月3日(土) [政治・経済・社会]

 9月1日発行の全戸配布の花巻の広報誌で、花巻駅橋上化の案と説明会の案内が詳しく載っていました。案はすべて今の駅を壊して新しく2階に改札口を設ける設計案です。

   IMG_8402[1].jpg

 噂には聞いていました。もう駅舎を壊すのは決定しているのだよと。え、市民は何もそんなこと聞いてない(*'▽')。


 私の周りの人たちは、今の駅舎を壊してほしくないという意見が多数です。そのことは、おいもだより3月のウラコラムで、花巻市長が推進する38億円かかる駅の橋上化についての疑問を書きました。


 今の花巻駅の駅舎は全国の駅100選にも選ばれているとかで、2階の窓はステンドグラスのレトロな建物で、ボーダレスアートの作品を正面2階の窓にはめ込む企画もしました。


 老朽化はしていないし、待合室には地元のお菓子や立ち食いそばもあり、落ち着いた雰囲気です。花巻を訪れた観光客は駅舎の前で記念写真も。


 それがコンクリートで覆われた殺風景などこにでもあるような駅に、莫大な税金を使って建て替えられます。(´;ω;`)

 
 花巻には温泉や宮沢賢治など、他自治体が羨むほどの観光資源を持ちながら、本当に上手く活かせていないと思います。これ、前にも書いてる(*´з`)。


 もともと、東西通路は東側玄関口の反対の西口住民の要望ですが、駅を壊さずに、東西通路だけを別につくる方法はないのでしょうか。

 私は広報は見ている方ですが、駅を壊すことの市民説明会があったのかは定かではありません。果たして、どれだけの市民が橋上化問題を知っていて、意見を聞いたのか疑問です。


 今月市内10数か所で市民説明会がありますが、関心のある皆さん行ってみましょう。


 1日の広報で落ち込んだ矢先に、今朝の新聞で、新花巻図書館の立地が花巻駅隣りのJRの土地が第1候補と載っていて、びっくりしました。

  IMG_8403[1].jpg

 新花巻図書館は駅東口に?市民の半数以上は高台のまなび学園周辺を希望しているという調査もあるのに、こちらもまた市民の声を無視しての決定です。

 
 どうやら、駅の橋上化と図書館の問題はなぜかセットのようです。JRに家賃を払わなくてならない借地、購入するにしても相当な金額になるなら、市有地のまなびの方でいいのにと思うが、市長がそんなに駅とセットに固執するのはなぜ?


 花巻を良くしたいと思っている市民は少なからずいて、その声を真摯に誠実に市長や市側は聞いて、50年後100年後のことまで考えて決定してほしいです。


 花巻を訪れる宮沢賢治ファンが市に意見を言ったら、変わるのかなあ…。


 増子さんはヒカリノミチ通信に早速、詳しいです http://samidare.jp/masuko/



nice!(0)  コメント(0) 

 「戦後77年、戦争を考える」   2022年9月2日(金) [政治・経済・社会]

 今月の大きなイベント「暮しと政治の勉強会」の案内が遅れましたが、できました!

 IMG_8394[1].jpg


 当初、7月1日の当ブログで書きました、秋田の花岡事件のお話が勉強会のきっかけでしたが、この一見平和と思われた時代に突然ウクライナ戦争が起こり、世界が核戦争の脅威も含め、一触即発の不穏な状況です。


 花岡事件も東北で太平洋戦争中に起きた犯罪です。花岡に限定せず、講師の増子さんが花巻出身の軍人が主人公の硫黄島(いおうじま)戦のお話から戦争とは何かを考えたいと、若干内容が変更になりました。


 増子さんより、「地元花巻の人にぜひ知ってもらいたい『硫黄島秘史』があります。テキストにはこれを使いたいと思います。小生のブログの2019年3月27日、31日、4月3日、6日、10日の計5回シリーズです。加えて、今年の8月15日付も参考にしていただければ有難いです」とのことです。


 増子さんブログ ヒカリノミチ通信 http://samidare.jp/masuko/


 平日の夜ですみませんが、貴重なお話が聞ける会になると思いますので、戦争を知らない世代や若い方たちのご参加をぜひお待ちしています。


 ※夜の勉強会はいつものような茶菓付きではありませんので、お飲み物はご持参下さい。




nice!(0)  コメント(0) 

 国葬警備費のトンデモナイ額    2022年8月29日(月) [政治・経済・社会]

 昨日の安倍元首相の国葬経費に警備費を含めての額を発表しないのはおかしいなと思っていたら、今日のネットニュースで、びっくりしました。

 国葬2.5億円が隠す「不都合な真実」
 https://news.yahoo.co.jp/articles/4bb262301afaa8224fd61b5c3de8b9974a05667d
 国葬2.5億円の「真っ赤な?」
 https://news.yahoo.co.jp/articles/0a32de9d033a0a408c87226d4e941c0eb717b0dc

 35億、いや100億円はかかるかもしれないというのだ。

 こんな警備費を国民に知らせたら、まずいから、隠しておこうという魂胆。
 だって実際は国民の8割が反対している国葬だもんね。黙っておこうねーって。

    [むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]


 そんなにやりたかったら、やりたい人たちが自分のポケットマネーで、統一教会にも寄付してもらって、やればいいんじゃないですか。しかも国葬でなく、弔意も国民に強要せず。

 
 どんな酷い政治でも、国民が反対の声を上げないから、やりたい放題になるんです。

 反対のネット署名も前に紹介しましたが、やっています。
 

  
nice!(0)  コメント(0) 

 国葬など、税金の無駄遣い    2022年8月28日(日) [政治・経済・社会]

 お店の来られるお客さんと政治の問題についても話したりする。国民不在の政治や税金の無駄遣いに、つい熱くなったりする。

 
 先日安倍元首相の国葬の費用が約2.5億円で支出決定との報道がされた。
 会場周辺の警備費を含まないので、警備費も含めれば更なる支出となるだろう。

 大手通信社の世論調査で国民の半数以上が反対を示している声を全く無視している。
 主権者は納税者なのに、その声を聞かず、国会で議論もせず、国葬を押し通すのは

 どこのひとらー!? (新潟弁は「だ」が「ら」に)

 そうらー、ヒトラー(´◉◞౪◟◉)

 
 先日、アフリカに3年間で4兆円の援助を行うとアフリカ開発会議で岸田首相は行った。
 一見、美しい話に聞こえるが、、、。

 デープ・スペクターが、「アフリカのサポートもいいけど、日本の皆さんのサポートをしたら」と疑問の声を上げたと。ふだん特に好きでもない人だが、これは賛同する。

 多くの国民がそう思っている。貧困で苦しみ、自殺者が増えている日本だ。


 私は若い頃、ODA(政府間援助)は問題とする途上国援助の専門家の市民運動に参加していた。
 政府間援助は本当に貧しい援助が必要とされる人々に届かず、役人の懐が潤うことも。(安保ら0


 今回はODAだけでなく、官民共同の援助というが、円借款も多い。円借款とは、借金、融資だから、債務を抱えたアフリカの国は返済のために、自国で食べる食糧でなく、先進国がほしい輸入作物(カカオ、コーヒーなど)を作り続け、いつまでも経済的・生活の自立できず、貧困から抜け出せない悪循環に。



 また、マイナポイントが2万円とかのマイナンバーカードを取得させるキャンペーンもいかがなものか。

 税金1兆8千億円の無駄遣い https://www.jca.apc.org/activist/?p=2804
 マイナポイントの落とし穴 https://ideco-ipo-nisa.com/78116

 税金が払えず、督促状、差し押さえにストレスで心を病んだ人を実際知っている。
 ほんとうに切ない。

 高所得で新幹線代や本を買うお金もすべて税金で自由に使える政治家は、庶民の暮らしの大変さを心から感じらる? そしたら、軍事費、国葬費、援助、マイナポイントなど無駄な税金の使いみちは

   しない!


  血税を、ちゃんと使ってほしい。ちょっと考えればわかるはず。

 
nice!(0)  コメント(0) 

 安倍元首相の国葬について     2022年8月9日(火) [政治・経済・社会]

 今日8月9日は長崎に原爆が落とされた日。8月6日は広島の原爆の日。

 世界で唯一核の被害を受けながら、日本は核兵器禁止条約に反対しています。

 ウクライナの戦争で、核戦争が起こるかもという危機感が、現実になりました。
 今に始まったことではないのですが、日本の政治はひどいなあと思うことだらけ。
 この国の行く先が不安になります、、、。


 先月送られてきた久々の「えんどう豆」通信。発行している遠藤セツ子さんは、その時々の社会問題に鋭い視点で切り込んで、いつも感心させられています。

 今回、小出裕章さんの文章が載っていて、私はとても共感しました。

 IMG_8187[1].jpg

 掲載の文章を、小出裕章ホームページより転載します   https://www.go.tvm.ne.jp/~koide/Hiroaki/remark/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%AD%BB%E8%BF%BD%E5%8A%A0.pdf


 国葬に関しては、国会内でも反対意見が多いのに、国会で議論もせず、酷い。
 国民の税金を2億円近く使って行う国葬には、私は反対です。そのお金があるなら、生活困窮者や被災者に回してほしいです。

 よくわからない方は、よかったら、下記の記事を参考にしてください。


 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20220730/k00/00m/040/067000c?fbclid=IwAR0zYS5zXPPktX2-vjOMjJ5dl82qu4PIwR1Itsz5VZMBwF14x6tWgDqNZKw


 日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/309396?fbclid=IwAR1pH1VID8S5YkKGVGHvYYaYm7dLDLevMkkLWruan5-5Gk-SA9usCl8GTRM

 
 島田雅彦 https://gendai.media/articles/-/97878?imp=0

 
 こちらに国葬反対の署名があります。
 https://www.change.org/p/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89%E3%81%AE%E5%9B%BD%E8%91%AC%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-we-oppose-shinzo-abe-s-state-funeral?utm_content=cl_sharecopy_33927297_ja-JP%3A2&recruiter=44041011&recruited_by_id=0b2a3f40-6edd-0130-0a7d-3c764e048845&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink&utm_campaign=psf_combo_share_message&utm_term=psf_combo_share_initial


 
nice!(0)  コメント(0) 

 増子さん落選、残念、、、      2022年7月26日(火) [政治・経済・社会]

 おいもの梅仕事に奮闘する休みでした( ;∀;)。

 IMG_8179[1].jpg



 花巻市議会選挙の投開票が24日に行われ、私が応援していた増子義久さんが落選しました。

 頑張っていたご本人はかなりのショックだと思いますが、私も本当に残念でした。


 増子さんは70歳で市議選に挑戦して2期を務め、今回も行けるかなと思っていました。今回予想外に票が取れなくて、前回の支援者が離れたのは何故か?と考えると、年齢かなと思いました。


 82歳の挑戦でしたが、増子さんの力量は花巻市議会議員として市政を改革するには充分力量のある方だと思っていました。年齢ではなく中身です、何度も言いますが。理不尽なことを追求する姿勢が伝わらなかったのです。

 
 最近の日本は昔とちがって高齢者を敬わない風潮があるように見えます。
 もちろん、皆さんの中には介護に大変だったり、いろいろあると思いますが。

 長く生きてきたということは、それだけ経験や知識や困難を身につけているわけで、敬い、尊重しすべきではないかと、私は思います。特に戦争の歴史などは。


 増子さんは誰よりも花巻を賢治を愛しているだけに、市政に言いたくなるのです。
 新聞記者時代は、正義感とジャーナリズム精神で弱い立場の人を取材しました。

 9月13日に、花岡事件をとことん取材した増子さんを講師に勉強会をします。

 今後も増子さんには、様々な社会問題で教えてほしいと考えています。
 だから、まだ花巻にいてくださいね。

 IMG_8171[1].jpg


nice!(0)  コメント(0) 

 花巻市議会選挙、再び       2022年7月21日(木) [政治・経済・社会]

 昨夜、増子さん押しを書きましたが、やはりメイ子さんも落としたくないので再び。

 照井メイ子さんの公約を見れば、ぜひ実現させてほしいものばかりです。

 IMG_8165[1].jpg


 これらは共産党の公約で、私は党員ではありませんが、国政選挙でも市民や弱者の立場に立った主張をずっとぶれずに行ってきたのが共産党で、共感できる公約です。
 
 格差と貧困を増やし、軍事増強で社会保障を引き下げる自民党政治に物申す必要な存在です。


 メイ子さんは、私が活動を続ける「お産と地域医療を考える会」の立ち上げからの創設メンバーでもありました。議員経験は豊富で、花巻市議会でははっきり発言できる女性議員です。


 地方政治では特に男性社会で、数少ない女性議員を減らしたくありません。


 増子さんとメイ子さんにはぜひ当選してもらい、花巻を変えていってほしい。



nice!(0)  コメント(0) 

 花巻市議会選挙、投票に行こう       2022年7月20日(水) [政治・経済・社会]

 先日告示された花巻市議会選挙は、今選挙戦真っ最中で7月24日(日)投票。

 花巻市民のお客さんと、時に市議選の話題になる。誰に入れたらいいのかとか。

 今回の市議選は26人定員で31人立候補のけっこうな激戦である。新人も多い。


 私がよく知っているのは、無所属の増子義久さんと共産党の照井メイ子さん。


 中でも、増子さんは82歳の最年長だが、長年新聞記者として全国の住民問題を取材し、その見識の深さ広さと、故郷の停滞した花巻を何とかいい町にしたいとい誰にも負けない熱い想いがある人だ。


 今年1月の花巻市長選挙でも新人候補に花巻を刷新してほしいと全力で応援し、負けた後はしばらくショックで立ち上がれなかったと、この花巻に今どきそんな熱い人がいるのか思うくらいの人。


 「市長選の後も諦めずに政治勉強会をやると動き始めたのはぶんちゃん一人だけだよ」と言ってくれ、勉強会にも協力してくれた。


 もう、のんびり余生を過ごしてもいい年齢なのに、市長選で負けてまた奮起して、これが最後のご奉公?とばかりに、3度目の市議で議会から花巻市政を良くしようという挑戦をする。


   IMG_8164[1].jpg


 82歳という年齢に引く人や、世代交代と叫ぶ人もいますが、増子さんの知性と経験を持ち、権力もおそれずにはっきり言える人はなかなかいません。年齢ではありません、中身です。

 のぼりの旗「叛逆老人は死なず」は、親友の作家鎌田慧さんの著書から頂いたそう。


 現市政が暴走しないようにきちっと見張り番ができる人が必要です。

 投票日は棄権しないで、市民の声を代弁してくれる人を選びましょう。


 増子義久さんブログ http://samidare.jp/masuko/




nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 政治・経済・社会 ブログトップ